字が上手くなりたいときは


字が上手くなりたいときは皆さんはどうしていますか?
私は元々字が凄く下手でした。
しかし、毎日書いていたら知らず知らずのうちに上達していました。

字を書くときに使うのは鉛筆が良いと言われています。
しかしシャープペンシルでも問題はありません。

書く文章は新聞の文章を書き写せばよいでしょう。
毎日、家に配達されてきますし、
情報量も十分です。
難しい漢字も覚えられます。

ですから勉強をしながら字が上手くなっていきます。

私は小学生の時、習字を習っていました。
しかし、字のうまさにはあまり関係ありませんでした。
やはり筆と鉛筆では使い勝手が全然違います。

習字は習字として上手くなるのが良いでしょう。

きれいな字がだんだん書けるようになってくると最初は気が付かない物です。
ですが、以前自分が書いていた文字と見比べてみると少し上手くなったように見えます。
結局は毎日少しずつ練習していくしかないのかもしれません。

私の家には、字が上手くなるための本があります。
その本はまだ使った事がありません。
しかし、そのうち読んでみたいと思います。

字を上手くしようとすると、いくら書いても時間が足りませんね。
しかし、書けば書くほど上達すると思います。