2013年・札幌記念のレース回顧

 2013年8月18日、函館競馬場にてGⅡの札幌記念が行なわれました。
今年は、札幌競馬場が改修工事をしているため、
函館競馬場で開催する運びとなりましたが、
秋のGⅠに向けて楽しみなメンバーが終結しました。

 まず、何と言っても注目は、1番人気に支持された皐月賞馬のロゴタイプです。
3歳馬のGⅠホースが、54キロの斤量有利を活かし、満を持して別定のGⅡ登場です。
休養明けということもあり、もちろん全力の仕上げではないでしょうが、
GⅠ馬として、ここは負けられない一戦だったと思います。

そして、鞍上にはデビュー勝ちを収めたときの村田騎手となり、
その村田騎手がどういった騎乗を見せるのかも注目でした。

 そして、2番人気は、武豊騎手に変わってから絶好調のトウケイヘイローです。
GⅢを勢いよく勝ってきており、クラスが上がったここでもどんなレースを見せるのか期待がかかります。

 レースが始まると、予想通りその2番人気の
トウケイヘイローが逃げる展開です。
函館競馬場は、馬場がとても悪化していたたため、
明らかに先行有利であり、
この馬にとってはむしろ歓迎だったかもしれません。
そして、それを見るような好位のポジションにロゴタイプとなりました。

 そして、4コーナーをまわり、
終わってみればトウケイヘイローの圧勝という結果になりました。
ロゴタイプは、4コーナーで失速してまさかの5着でした。

 今年の武豊騎手を象徴するようなレースで、武豊騎手とトウケイヘイローがどこまで上りつめるのか?
期待の膨らむ一戦となりました。